家具・家電付きの物件


これから借りる部屋を探そうと考えているのであれば、その候補として、家具・家電付きのシェアハウスを検討してみるのも1つの選択肢です。新しく部屋を借りて新生活をスタートするためには、移転先の物件へ入居するための初期費用をはじめとして、引っ越し費用、入居後に必要となる家具・家電を買い揃えるためのコストなどがかかるため、ある程度まとまった資金を用意しなければなりません。それらの中でも、家具・家電を購入するための費用を負担しなくて済むのが、家具・家電があらかじめ備え付けてあるタイプのシェアハウスです。

もともと家具・家電付きの物件の場合、比較対象になる通常の物件が存在しないため、分かりにくいのですが、賃貸物件の中には、家具・家電の有無を入居者の自由意思によって選択することのできるものもあります。そのような物件で比較すると、家具・家電付き物件は、通常物件と比べて、賃料が割高に設定されていることが分かります。通常の物件と比較して、家具・家電が備え付けてあり、価値が高まる分だけ、賃料も高くなっているという訳です。家具・家電付き物件の利用を検討するにあたっては、物件の付加価値と上乗せされる賃料のバランスに気を配ることが大切です。