得られるメリットなど


シェアハウスの中でも、家具・家電付きの物件を利用する場合、当然のことながら、入居してからの新生活を始めるために、家具・家電を自分で購入する必要がありません。例えば、冷蔵庫や洗濯機、掃除機、炊飯器、電子レンジなどを購入するための費用を負担しなくて済むのは魅力的です。とは言うものの、ある程度の期間に亘って住み続けると、今度は上乗せされた賃料による負担がかさんでくるため、反対にコスト面のデメリットをこうむることとなります。家具・家電付きシェアハウスの利用を検討する際には、そのあたりの事情を踏まえた上で、想定される入居期間と設定されている賃料のバランスを考え、適切な判断をすることが大事になります。

次に、家具・家電付きのシェアハウスに入居すると、家具・家電を利用する際のイニシャルコストだけではなく、ランニングコストも節約することができるというメリットがあります。物件に備え付けてある家具・家電は、付帯設備として提供されている扱いとなります。したがって、入居者に落ち度がなく、日常的な使用によって家具・家電のトラブルやアクシデントが発生した場合、修理やメンテナンスに掛かる費用は物件の管理者が負担してくれます。